看護師で、やる気のある方大募集
by sbd4ao06tv
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
東宮職が週刊新潮に抗議、愛子..
at 2010-06-10 10:38
旅館経営の女性殺害、不明男性..
at 2010-05-29 23:37
消費税率の明記は見送り 自民..
at 2010-05-21 22:20
<強盗>「すき家」に2人組 ..
at 2010-05-13 16:06
第3の多能性幹細胞 がん化の..
at 2010-04-27 22:54
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)

 ES細胞(胚性幹細胞)、iPS細胞(人工多能性幹細胞)に次ぐ第3の「ヒト多能性幹細胞」を発見したと、東北大大学院医学研究科の出澤真理教授らの研究グループが、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。この細胞は、皮膚や骨髄に存在し、さまざまな細胞に分化できる多能性を持つが、iPS細胞などが直面するガン化の危険性は極めて低いという。

 研究グループは、骨髄の細胞を培養すると、非常に低い頻度で、ES細胞に似た細胞の塊が形成されることを発見。この細胞を効率よく抽出する手法を確立した。抽出した細胞をマウスに投与すると、神経、肝臓、筋肉で、各組織に特有の細胞に分化したことから、多能性を持った新たな幹細胞として「Muse細胞」と名付けた。iPS細胞のように、あらゆる細胞に分化できる能力(万能性)があるかどうかは分かっていない。

 Muse細胞は、遺伝子導入などの操作をせずに骨髄液などから抽出できる。一定の自己増殖能力はあるが、無限増殖(ガン化)はせず、免疫不全のマウスの精巣に移植しても奇形腫はできなかった。ストレスに強いことも特性の一つで、培養液に長時間ストレスを与えると、Muse細胞が濃縮された。Museは「ストレスに強い多能性細胞」を意味する英語の頭文字。

 出澤教授は「ES細胞やiPS細胞とは、性格が異なる新しい多能性幹細胞で、再生医療研究の可能性が広がることが期待できる」と話している。

「極めて意外」控訴の意向 弁護士「元局長も無罪を」郵便不正(産経新聞)
舛添氏「参院で発言力を持てる数字目指す」(産経新聞)
<偽装献金>鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決(毎日新聞)
日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に−福岡(時事通信)
舛添氏 離党届を提出 矢野氏も(毎日新聞)
[PR]
by sbd4ao06tv | 2010-04-27 22:54
<< <強盗>「すき家」に2人組 数... 玄米3・6トン、フォークリフト... >>